目の病気に気をつけよう♪失明予防。10月10日は目の愛護デー♪

皆さん、こんにちは♪【10月10日は目の愛護デー】だって知ってました?
私もつい最近知ったのですが、なんでもはじまりは1931年(昭和6年)ということで、東京オリンピック(1964年)よりも前。
中央盲人福祉協会の提唱によって『失明予防の運動』としてこの日が「視力保存デー」と定められました。
その後、1938年(昭和13年)に日本眼科医会の申し出によって、9月18日が「目の記念日」として改められ、さらに1947年(昭和22年)中央盲人福祉協会が再び10月10日を「目の愛護デー」と定めたという経緯。
現在は、厚生労働省が主催し大手製薬メーカーや眼科医会を始めとする組織を中心に啓発活動を行っています♪
なので、今回はこの流れにのって、目にちなんだお話をしてみようと思います♪

失明は怖い。目の病気に気をつけよう♫

目の病気で最も怖いのは失明。今まで見えていたものが見えなくなるという恐怖は計り知れません。
ものが見えることが当たり前だった人生が、がらりと変わったとしたら…考えるだけでゾッとしちゃいますよね。予防対策はこれがおすすめ♪

失明の原因NO1の病気は?

そんな怖い失明ですが、原因の病気はいったいなんなのか知ってますか? 原因疾患として多い順に並べるとすると

  1. 第一位:緑内障
  2. 第二位:糖尿病性網膜症
  3. 加齢黄斑変性症

と言われています。 高齢者に多い視界が霧がかってモヤモヤするという白内障は、実際に見えにくくなる自覚がある一方、案外失明の原因にはつながっていません。

というのも、 白内障の場合は、レンズの濁りが原因であるため、視神経への影響はほとんどなく、濁ったレンズを交換する手術を行えば視力は回復できるためです。

 

やくぱら♪
なので、失明を避けるには、上述した3つ原因疾患にならないように生活することが一つ目安になるよねー♪

失明につながる疾患を避けるには?【緑内障編】

緑内障は目の眼圧があがり、視神経を圧迫して障害を与え、失明に至る病気です。ですので、眼圧を高まることなく、適切な圧力にコントロールするのが主な治療です。

眼圧が高まる理由は、大きく分けて2つです。

緑内障のメカニズム

緑内障

  1. 眼球内にある眼房水がうまく排出されない
  2. 眼房水の生産が過剰すぎ

緑内障は実は、自覚しにくい病気でもあります。というのも、視野がじわじわとかけていき、見えない広がっていくのです。

ここだけ聞くと気がつきそうなものですが、人間はいつも両眼でものをみています。

片方の目に見えない部分があっても、我々は両眼で見ることで、欠けている部分を補う機能が備わっているのです。

そのため、視野が欠けていることに気が付かないないことが多い、こわい病気なんですね。

緑内障は失明原因第一位であるために、いかに予防するかが大切です。

 

失明につながる疾患を避けるには?【糖尿病性網膜症編】

糖尿病性網膜症は、糖尿病にかかると8年程度で合併しやすくなる目の病気です。

やくぱら♪
糖尿病性網膜症は複雑なので最も失明リスクがあるものを1つピックアップ。 それが、糖尿病性網膜症にさらに合併する血管新生緑内障♪

 

血管新生緑内障のメカニズム

血管新生緑内障

  1. まず糖尿病によって網膜の血管がつまる。
  2. 神経は酸欠状態に陥る。
  3. その酸欠状態が目の視神経にまで及ぶ
  4. それを回避しようと虹彩や毛様体に新生血管ができる。
  5. それが眼房水の出口を塞ぐ。

この新生血管は読んで字の如く、既存の血管から分岐して新しく形成された血管です。ゆえにもろい。

出血しやすいだけでなく、隅角という目の中を循環する眼房水の出口を塞いじゃいます。

その結果、眼圧が上がり、視神経を圧迫し失明につながるのです。

原因由来が糖尿病なので、やはり糖尿病にならないようにすることが一番の予防策です。

 

糖尿病の予防は食事で決まる!血糖値のコントロールを意識しよう!

血糖の高さも重要ですが、その振れ幅も病気へ影響を及ぼします。

  1. 過度な間食はしない
  2. 野菜や海藻類から食べる
  3. 高GI値の食品を避ける
  4. ゆっくり食べる
  5. 腹八分目にする

こういった対策が糖尿病の予防につながります。

お酒、アルコール類もインスリンの働きに悪影響

お酒やアルコールは、一時的であれば、さほど問題ないですが長期間に渡って飲んでいるとなると問題です。

インスリンの分泌量の低下を招くことがわかっているためです。 インスリンが分泌されにくくなると、血糖値が上がってしまいます。

アルコールのとりすぎは、万病の元ですので、可能な限り是正しましょう。

一番は、禁酒ですが、難しい場合は節酒。 できるだけアルコールが低く、糖質OFFやカロリーOFFのものを選んで飲みましょう。

ノンアルコールビール 送料無料 2種 48缶 新コクの麦フリー 350ml×24缶 ヴェリタスブロイ ピュア&フリー 330ml×24缶 長S

失明につながる疾患を避けるには?【加齢黄斑変性症(AMD)編】

加齢黄斑変性症は、加齢や紫外線、たばこなどが原因で網膜(特に黄斑部)が変形し、中心視力が低下したり、黒くみえたりする病気。 50歳以上になると徐々に増えていきます。

やくぱら♪
この加齢黄斑変性症は、高齢化に伴い患者数は増えてるし、難治性の疾患でもあるからほんとにやっかいなんだよ♪

加齢黄斑変性症(AMD)は難治性。早めに予防するのが一番!

私は、昔から視力がよく両眼ともにずっと2.0。眼について悩んだことがないですが、そんな私でも加齢黄斑変性症については恐怖を感じます。

ですから、日頃より予防目的でサプリメントを飲んだりしてます。

 

ルテイン・ゼアキサンチンで紫外線対策

ルテイン・ゼアキサンチンは黄色色素の一種で、カルテノイドと呼ばれたりしてます。

身近なほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

カルテノイド(黄色色素)がどのように網膜によいのかというと、

 

  1. まずカルテノイドは、【黄斑】と呼ばれる網膜の中央部に多く存在している。
  2. 普段から【黄斑】は日常的に紫外線やブルーライトが直接当たっている。
  3. つまり、ダメージをしょっちゅう受けてます。
やくぱら♪
カルテノイド(黄色色素)は網膜に有害な光を吸収し、活性酸素を除去♪ 抗酸化作用によって、黄斑(網膜)の細胞を守っているんだ♪

 

ただし、ルテインやゼアキサンチンは、加齢や喫煙(たばこ)紫外線を浴びることにより減少することがわかっています。

さらに、カルテノイドがゆえに、体内で合成はできません。

よって、食事からの摂取する必要があるわけです。

しかし、食事だけでは、充分な量を毎日コンスタントに摂取し続けるのはやはり困難。

緑黄色野菜を毎日たくさん食べる必要がでてくるので、現実問題として『サプリメントで補う』という手段が選択肢にあがるわけです。

医学的なエビデンスもある栄養・サプリメント

眼の疾患と栄養摂取に関する研究として、米国のAREDSが有名です。

加齢黄斑変性(AMD)という病気の進行予防に対して、ルテインやゼアキサンチン、その他各種ビタミン、ミネラルについて有用性があるのかという大規模な調査が米国で行われています。

 

AREDS(エイレッズAge-Related Eye Disease Study) 加齢黄斑変性症(AMD)や白内障などの加齢性眼疾患の大規模研究調査。 高用量の抗酸化物質と亜鉛の加齢性眼疾患に対する臨床的有用性が示されました。 55歳~80歳の加齢黄斑性変性症(AMD)患者3600名に抗酸化作用のある栄養素(ビタミンC 500㎎、ビタミンE 268㎎、βカロテン 15㎎)と亜鉛(80㎎)、銅(2mg)を摂取させたところ、抗酸化栄養素と亜鉛、銅を摂取したグループは、そうでないグループに比べ初期患者の5年後の後期患者への進行が25%に減少。失明率は19%低くなったことが報告された。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/88/11/88_KJ00009721618/_article/-char/ja/

 

この結果に基づき、日本眼科学会からも加齢黄斑変性症(AMD)の予防のために、ルテイン、ゼアキサンチン、ビタミンC、ビタミンE,亜鉛、銅を配合したサプリメントの摂取が推奨されています。

やくぱら♪
それぞれ単味でとると、あまり期待する結果は得られないみたいで、種類よりも配合ブレンドがカギみたいだよ♪

ということもあり、私個人はもちろん、加齢黄斑変性症(AMD)の方には愛用のものを推奨させていただいてます。

まとめ

眼って普段当たり前過ぎて見えていることに感謝もしないもんですよね。

でも勉強し始めてみると、失明の怖さが襲ってきます。想像してみて下さい。

もし明日目の前が真っ暗になって光すら認識できなくなるとしたら…

 

わたしには絶対に起こり得ないと断言できますか?

特に加齢黄斑変性症(AMD)は文字通り、加齢が原因でリスクが高まります。

高齢化社会の進展で、100歳まで生きるのが当たり前。

70歳までは働くのは当たり前になりつつある現代。

「加齢、過労、ストレス、紫外線、たばこといった原因」に さらされる機会が増す事が誰だって容易に想像できるわけです。

加齢黄斑変性症(AMD)は根治できる治療法は未だにありません。

一度、網膜が変形してしまったら、不可逆的。

『大切なものを失くしてから気づく』 という事態に誰しもがなりうるわけです。

ですので、日頃の予防対策がとても大切。

眼科医会も推奨しているわけですから、日々サプリメントを摂取してケアしていくのが一番だと思っています。

 

加齢黄斑変性症(AMD)に限らず

「あのときからしっかり飲んでおけばよかった」と後悔しないためにも

くすりを始めとする治療や食事に気を配りましょう。

健康は、日々の積み重ねの中に培われます。

の病気に気をつけよう♪失明予防。10月10日は目の愛護デー♫目の病気に気をつけよう♪失明予防。10月10日は目の愛護デー♫
最新情報をチェックしよう!